アランゲル(ICM) 1/35 II号戦車D型
息抜きモデリング。今II号戦車作りたいーとなったらタミヤのものがあるけど、あれはC型。
ドラゴンも出てますが、C型とF型しか出てません(まあ十分出てるか)。

マーダーIやフラミンゴ(II号火炎放射戦車)のベース車輌となったD型ですが、大口径転輪がステキなヤツです。
マジメな話、C型以降の板バネ式のものよりこっちの大口径転輪+トーションバー式のほうが格好いい。
量産の手間とかそういうところでしょうか。

キットはちょっと古い東欧系キットなので、若干作るのに手間がかかるかと思えばそうでもなし。
OVMのシャープさなどはちょっと緩いので、タミヤのIV号戦車装備品セットのものから流用。
ジャッキとジャッキ台はどうしようか考えたんですが、ジャッキ本体は軽戦車用初期型のものが欲しい。
でもキットには後期型のものが入ってるのでじゃぶモデルのものを使用。
ジャッキ台はどうしようもないのでプラ板でスクラッチ。
あと、軽戦車用ホイストフックもモールド弱いので、タイガーモデルデザインのものにリセットしました。

塗装はジャーマングレー単色。グラデをかけてメリハリをつけてますが、結構明るくしたのでなんかペラっとしてる。
以前作ったドラゴンのI号戦車の暗めな感じのほうが好きだなーとか。
デカールは一応貼れたんですが、トップコート吹いたら砲塔のデカールが超しわくちゃにorz
泣きながらマスキングして塗装にしました。車体のひし形番号はなんとかリカバー出来た。
ウェザリングは軽く拭きつけ程度に留めました。最後にキャタピラに銀ドライブラシかけて終わり。


まあ、完全ディティールアップするなら砲塔はタミヤのもの、履帯はモデルカステンとかに変えるべきなんでしょうけど、
今回はさくっと簡単ディティールアップにとどめました。
まあそれが楽しくてあっという間に完成しましたよ。

Back



 

 

 

inserted by FC2 system